神奈川の土地コンサルティング 不動産用語集

HOME > 不動産用語集
不動産に関連する用語はわかりにくいものです。
クレアホームに記載されている不動産用語を基本に説明文を掲載しております。
あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行
英数        

【あ行】

エンジニアリングウッド 【よみ:えんじにありんぐうっど】
主に接着剤を使用して作られる二次加工の木質系材料のこと。
特徴としては、原木を加工した製材より強度が高い、乾燥している、ことがあげられる。もちろん、同じ木質のため製材との相性もよい。二次加工ではあるが、欠点を除去して加工するため強度をもった木材として生まれ変わる。
大引き 【よみ:おおびき】
床の構造材の1つ根太(ねだ)を支えるための横材。

【さ行】

ストロング工法 【よみ:すとろんぐこうほう】
在来工法の中の新工法の1つ。
木と木とのつなぎ合わせに箱型の金物を使用。接合部分の強度が高まり、高耐震構造が可能。
また、施工の良し悪しに左右されない、デザイン性のある建築が望めるなどのメリットも。

【な行】

根太 【よみ:ねだ】
床板の下にあって床材を支えるための横材。床からの力を直交する大引き(おおびき)に伝える役目もはたしている。

【は行】

ベタ基礎 【よみ:べたきそ】
建物の下の部分(底面)を全てコンクリートで固めて、建築物全体を支え、地面に安定させるための基礎(構造)のこと。地盤に接する面積が増えるため、外からの力=荷重(かじゅう)負担が減り、建物全体の力が強まる。
不同沈下 【よみ:ふどうちんか】
建物下の地表面の沈下が部分的に変化すること。土の強度が異なることが原因。
建物に亀裂が入る、建物が傾くといった問題をひきおこす。

【ま行】

木造軸組 【よみ:もくぞうじくぐみ】
日本の伝統的な工法である在来工法の1つ。垂直材となる柱と水平材となる梁(はり)を組み合わせて建物を支えるため木造軸組工法と呼ばれる。
柱の上に横材の役目となる梁(はり)を掛け渡し、補強用に筋交い(すじかい)を入れ、壁を合わせてつくるため、構造的には壁に融通性ができリフォームしやすい。また、通風・採光を取り入れた間取りも設計可能。
 

【ら行】

ロックウール 【よみ:ろっくうーる】
特殊な岩石やセメントの材料などになる鉱滓(こうさい)が原料。
それらの原料を高温で溶かし、圧縮空気や遠心力を用いて細い穴から吹き出し細い綿状にする。形はさまざまで、断熱材・吸音材などに使用されている。

【英数】

UB
ユニットバスの略。
床・壁・天井が一体となって硬質な強化プラスチックなどで成型された箱型の浴室のこと。密閉性・防水性に優れている。
WIC
ウォークインクローゼットの略。
人が入って衣類などを収納するための部屋として使用されるのが一般的。
クレアへのお問い合わせ
▲このページのトップへ
ベストチョイス、クレア
株式会社クレア 
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-1-25  TEL:045-949-1615 FAX:045-949-1669
Copyright © 2011 CREA All rights reserved.