相続に伴う売却・相談

HOME > 売却相談 > 相続に伴う売却・相談

相続に伴う売却・相談

不動産の側面からみる相続では、流動資産と固定資産の「質」の違いを考える必要があります。流動資産には、現金(預金)、生命保険、有価証券などがあり、固定資産は、不動産、自動車等があります。流動資産は、現金以外のものでも換金することが容易なので、比較的相続で分配しやすいですが、固定資産は、物理的に分割ができないので、複数の相続人がいる場合、全員の意思を一致させて換金(売却)して配分するか、対象物を持分で継承しなければなりません。

ところが、その持分で継承する方法を安易にしてしまうことが、相続人同志の争いになってしまうことが多いので、その対策が必要なのです。

相続人は、人が亡くなるのをきっかけに、税金や資産の承継の課題が発生します。被相続人が亡くなった時点での資産と負債の合計に対して税金が課税されますので、亡くなってからでは、相続対策が出来ないことになります。

また、不動産は、土地と建物に分けられます。状況によっては、直ちに換金できない場合が多いので、予めある程度の予想をたてて、相続発生に備える必要があります。 相続する財産を受取る相続人が、誰がどれだけ受取るのか、明確になっていれば問題にならないのです。すなわち、相続する側である被相続人名義の生前の財産(不動産)現状把握から、相続対策は始まるのです。

  1. 相続財産について
      a, 流動資産・・・現金・預金、保険、
       有価証券 等
      b, 固定資産・・・不動産、車両 等
      c, 負債
  2. 相続の種類
      a, 法定相続、遺産分割協議
      b, 限定承認、単純承認
      c, 遺留分
  3. 申告時期について
      a, 相続を開始した翌日から10ヶ月以内
      b, 物納、延納
  4. 不動産の把握と対策
      a, 物件調査
      b, 遺言


相続に伴う売却・相談
クレアへのお問い合わせ
ベストチョイス、クレア
株式会社クレア 
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-1-25  TEL:045-949-1615 FAX:045-949-1669
Copyright © 2011 CREA All rights reserved.