任意売買・債務整理

HOME > 売却相談 > 任意売買・債務整理

任意売買・債務整理

住宅ローンが支払えなくなることは、マイホームを手放さなければならない状況と背中合わせとなります。その結果、現在の住まいがなくなってしまったとしても、住むための住宅は確保しなければなりません。それには、どのような方法があるのでしょうか。
願わくば、合理的な方法で自宅を売却して引越し先をみつけたいものです。

支払いが滞った時点で、売却予定価格より残債が少ない場合は問題ありませんが、残債が売却予定価格を上回る場合は、債権者との交渉が必要です。売却に伴う借入先の債務整理ができるか否かで、任意売却の出来が決まってきます。いくら、所有者が不動産の売却を進めたとしても、債権者が抵当権の解除に応じなければ、事実上売買は成立しません。

返済する金額で債権者側の抵当権を解除し、いかに債務者の引越費用を捻出できるか、まさに、不動産コンサルタントの業務になります。

  1. 不動産コンサルタント
    お客様の不動産における、不安、トラブル、
    疑問について解決すべきアドバイスをして、
    その実務を行います。
  2. 任意売却
    債権者が債務者の債権回収の一貫で、簡易裁判所
    に申し立てる不動産売却の法的手続きです。
    これによって、債権者は決められた時期に、
    強制執行を命じられます。
  3. 競売
    競売における入札までに、債権者との交渉に
    より任意に不動産を売却します。
  4. 自己破産
    複数の債務者がいる場合、各債権者が回収する
    債権額を交渉して整理します。  
  5. 債務整理
    債権の効力をなくしてしまう、法的手続きです。
任意売買・債務整理
クレアへのお問い合わせ
ベストチョイス、クレア
株式会社クレア 
〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台2-1-25  TEL:045-949-1615 FAX:045-949-1669
Copyright © 2011 CREA All rights reserved.